猫を飼う時は絶対に室内飼いしましょう

猫を飼う時は絶対に室内飼いしましょう!と言うと、いやいや猫は自由な生き物だし、家に閉じ込めておくよりも外で自由に走り回って遊ぶ方が幸せなんじゃないの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、それが猫の本当の幸せに繋がるとは限らないのです。

理由の1つ目。

きちんと去勢、避妊手術をしていないと、他の野良猫と交尾をして、野良猫や多頭飼いの原因を作ってしまうかもしれません。

猫は半年も経っていれば立派な大人。1度に5匹前後を出産するのです。

いやいや、もう手術してるから大丈夫!と思っているあなた。

理由の2つ目は交通事故で亡くなる猫が多いことを知ってますか?外に出て行ったきり、帰って来ないのは何故か?それは交通事故にあっているからかもしれません。

猫の縄張りは人が思っている以上に広いもの。知らないところである日突然、なんて悲しくなりませんか?

理由の3つ目。それは猫同士の喧嘩です。たかが喧嘩と思うかもしれません。

しかし、猫は喧嘩でエイズや白血病になるリスクがあるのです。

喧嘩をすると、猫の鋭い爪によって、血が流れることが多くあります。

エイズや白血病のキャリア猫から、その血を介して病気に感染してしまうことがあるのです。

いやー、うちの猫は喧嘩が強くてね、なんて自慢していられません。

既にエイズになっている可能性もあるのです。

しかも、元気だった猫が急に具合悪くなって病院に連れて行ったら実は、なんてこともあり得ます。

猫を購入した時は病気じゃなかったから大丈夫、なんてことでもありません。

外に出てしまえば、後から病気を貰う可能性があるのです。

これらの理由から、猫と長く一緒にいたいのであれば室内飼いをおすすめします。

たまに外を見ている猫を見ると、外に出してやりたくなる気持ちも出てくることがあるかもしれません。

でも、外に出たら最後、戻って来ないリスクがあるのです。

猫の幸せを考えるのであれば、室内飼いをしながら一緒に遊んであげることが一番なのです。

おすすめサイト⇒カナガン ドッグフード